抹茶を楽しむ

 世の中茶道と言った途端になぜか事はややこしくなる。だからこの話は茶道の話ではない。

抹茶はとても味わい深く、コーヒーとは一味ちがう香りはなんとも魅力的だ。抹茶は特別なものと思われているようだが、抹茶のケーキや、アイスクリームなど楽しんでいる人も少なくないだろう。

 

 至極簡単な私の楽しみ方を紹介しよう。基本は普段の緑茶や番茶のように楽しめば良いだけだ。

まず設えだが、もちろん釜も柄杓(ひしゃく)も無用、かわりに電気のケトル。ヤカンでもポットでもよいが、欲を言えば、注ぎ口が細い方が使いやすい。

抹茶は茶入の代わりに、濾し網の組み込まれた小さなステンレス容器を使っている。なければ抹茶の缶でもかまわない。茶碗はできれば少々雰囲気のほしいところだが、ありものなんでも良い。抹茶を茶碗に取る茶杓(ちゃしゃく)も安価なものなので用意されると良いが、小さなスプーンでも役に立つ。問題は茶筅(ちゃせん)というかき回す道具だが、これは必須なので、他のすべてが代用品でも、茶筅だけは稽古用でも求められることをおすすめする。私は客用に使ったお古を普段使いにしている。

 又、あらかじめお湯で温めた茶碗をを拭く茶巾なるものもあるが、私は使わない。更に建水という、お茶碗を温めたお湯を捨てる器、これはあると便利なので小さめのボウルでもあるとよい。

欲を言えば、このセットが置けるお盆があるとより一層雰囲気を楽しめる。

 

以上がととのえば、あとは茶碗に抹茶を適量入れて、熱いお湯で点てれば良い。濃さもお湯の量も味わいながら自分の好みを探していけば良いことだ。

すべてのお茶に共通するが、とりわけ抹茶の香りと風味はなんとも魅力的なものだ。それでいて健康にも良いとあらば、これは最高の嗜好品のひとつだと私は思っている。

 あと、抹茶とは切っても切り離せないものの一つにお菓子があるが、だからといってお菓子がなければという話ではない。チョコレートでもクッキーでもありものの甘みは抹茶を一層楽しくしてくれる。

 

 茶道は一碗の茶にはじまり、長い道のりを経て一碗の茶にたどりつく。まず一碗の茶を美味しくいただけるかどうか、そこから茶道が始まる。味覚は各人各様、こんなものはどうしても好きになれんという人は茶道にむいていないと思う。

抹茶というのはこれほどに味わい深いものかと感じた人はすでに茶道という桃源郷に向かう一歩を踏み出しているということなのだ。

 

皮一枚の紅梅

 ずいぶん前のことだが、ある日突然にこの梅の木が枯れた。原因はまったくわからない。

この門前を飾る紅梅をとても大切にしてきたのだが、残念至極であったことを思い出している。

 もはやこれまでと、根本から切り倒そうと思ったが良くみれば一番下の枝は生きているように思えたのでその枝を残して切り倒した。

枝一本といっても、ご覧のように皮一枚に近い枝である。少し風が吹くとそれだけでも揺れ動く。支えを立てることを考えたり、忘れたりしているうちに、ふと思って、支えを立てることを止めようと決めた。自然は自然の手に委ねるのがよかろう、人間の勝手で手を差し伸べれば良いというものでもあるまい。梅には梅の宇宙がある。それを静かに見守ることにした。

 しばらく花をつけなかったように記憶しているが、今は元気に花をつけるようになった。

時折、出がけにこの紅梅と話をする「元気でなにより、おかげで僕も嫌気にやっているよ」必ず「大丈夫元気だよ」と答えてくれる。

 

バターナイフ  2024モデル木地づくり

 今年の秋の展覧会に向かって、バターナイフの2024年モデルの制作を始めた。

2024モデルといっても新型という意味合いではなく、毎年気づいたところをごく僅か手を加えているだけで、それは大きくてもミリ単位の線の変更である。

 昨年は素材に極上のバーズアイメープルが入手できたこともあって、大好評のうちに完売となった。当たり前だが、何を作るにしても材料ありきだが、材料といっても作るものに適した材料という意味で、木ならなんでも良いという訳にはいかない。

 

 我家では薪ストーブが暖房の主体なので、毎年沢山薪を購入している。今年は暖冬とはいえストーブ無しでというわけにもいかず、このところは毎日24時間運転に近い。

ある日手に取った薪が妙に重いことに気づいた、同じ薪を燃しているのだが、それまでは気づかなかった。改めて眺めてみると目のつまった立派な樫の木である。

良質な薪というのは伐採してから最低2年乾燥させる、とくに樫の木のような堅木はしっかり乾燥していないと燃えないものだ。

であるなら、この薪は細工の素材として使えるのではないかと数本の薪はストーブから工房へと行き先変更となった。

 


 少し太めの薪を選んで、バンドソーで轢いてみると、燃してしまうのがおしいような美しい木目で、試しにこれでバーターナイフを作ってみようと思い立った。

あまりに硬いので仕事は大変だが、バターナイフという用途にピッタリな素材のように思う。

 

 ここで、少しばかり、制作プロセスの話をしておこう。まず写真のように長方形の曲がった板を切り出す。

次に、それにバターナイフの線を描き、大まかにナイフの形にカットする。これが、その後のすべてのプロセスの基本となる最も大切な工程で、全体の微妙なバランスを徹底的に検討する。私の場合は一回ではダメで、時間をおいて日に二度ぐらい、寝て起きて二、三日かけて最終的な線を決めていく。

決まったラインで型紙を制作、これが2024モデルの原型となる。

 作業は、この原型に従って、樹種を決めて数十本の木地を制作することから完成までの長い道のりが始まるのだ。

その後のプロセスもいずれご紹介したいと思っている。

 

梅華

 久々の雪。近年鎌倉で2月に雪らしい雪が降るのは久しぶりのことだ。狂った気候にあっても、

雪が降ることにちいさな安堵感を覚えた。

昨夜は出先から戻るのに、やっと来たタクシーに乗ったもののずいぶん下のバス通りで降ろされてしまった。誰もいない道を新雪を踏みしめながら自宅まで歩いたのだが、期せずしてとても新鮮なひと時であった。

 

 まだ薄暗い朝、どんな雪景色かと雨戸をあけると昨夜の一面の銀世界はどこへやら、積もっていた雪はずいぶん溶け始めているようだ。すこしばかり期待を裏切られたような気もするが、人間というのはなんとも身勝手な生き物のようだ。

 梅花というより、梅華というイメージを期待しながら雪の中の一輪の梅を目指して庭に降りた。凍てつくような寒さに思えるが、雪が溶け出しているということは4、5度あるのかもしれない。勝手に描いていた真っ白の雪の中に咲く梅一輪というわけにはいかなかったが、ともかく写真に収めた。

 

 このホームページで我家の梅の開花をお伝えしたのが先月の18日なので、この梅は約3週間ほど遅れての開花だ。小ぶりの枝垂れ梅なのだが、我家の梅の中でいつも最後に咲く梅である。気のせいか、この梅の花は独特の品格を備えているように見える。それが、育ちなのか、環境なのか、それとも持って生まれた素性なのか、とふと思ったが人間とは素性の違う生き物なので、ただの品種といういうことなのかもしれない。