楽卓 楽卓改め「和卓」(なごみじょく)(後編)

制作よもやま話

 前置きだが、いままで楽卓と称してきたこの卓の名を「和卓」(なごみじょく)と改めることにした。それがどうしたと言われそうだが、これも思い立ったのでそうしたまでで、商品ではないので思いつくままに遊んでいる。

写真は「和卓」の夏の設えである。前回の写真と比べていただくと、まず釜に代わっって電気のケトルになり、それに伴って柄杓と蓋置もなくなった。これだけでも少々涼しげになったように見える。

 

 前編に引き続き、和卓制作のエピソードをいくつかご紹介しよう。

 まずこの卓の最大の見せ場である炉縁の制作だが、この卓を作るにあたって、自分らしさがどうしても欲しかった。それが陶器の炉縁にたどりついた背景だ。長く続けてきた陶芸との接点を探しているうち思いついたのだ。

ただ、陶器は磁器ほどの精度が出ないのみならず、本焼きの窯の中でのひずみは避けられない。だから陶器で炉縁を作ろうなどということは本来無謀なことなのかもしれない。

写真の赤い炉縁は最初の作だが、風合いはともかく色が私の意図したイメージとほど遠い。それでも祈りは通じるもので二度目の窯で、なんとか良い景色のものができたのは幸運であった。

 


 次は卓に組み込む炉のユニットだが、電気とはいえ火を扱うので何より安全でなければならない。炉の部材が出来上がったところで燃焼テストを数回行った。小さな窯をかけ、湯を沸かし最大5時間ほぼ沸騰状態を保ちながら詳細に温度測定を行った。空気の対流をコントロールするための空気穴に若干の変更を余儀なくされたが、結果内面の温度上昇は+10度台に収まっている。空気が最高の断熱材であることを改めて学んだ。

 

 卓の天板は、いわば顔だ。この板、材料はケヤキだがもとはといえば昭和のちゃぶ台である。とある古材屋さんでみつけて買っておいたものを使っているが、美しい板目もさることながら、今どきこんな幅の乾燥した一枚板は、なかなか手に入るものではない。

この卓に限らずテーブルはだいたい天板の縁から傷がつくので、傷プロテクターと意匠を兼ねて、天板の縁に楮の手漉き和紙を裂いて貼っている。本物の手漉き和紙は想像を遥かに超える強靭なものなのだ。

 天板の仕上げは、やはり漆の出番だろう。薄く墨染を施した後、摺漆を重ねて仕上げている。ツルピカのケヤキは嫌だったので、思いに近い古び色に仕上がった。

 脚は手元の材料からホワイトオークを使ったが、こちらは置き場所が日当たりの良すぎる場所なので漆は断念してウレタン塗装で仕上げている、

 

 積み残しの問題点が無いわけではない。建水台を卓に組み込むかどうか最後まで迷っていたが、別に小さな台をつくれば用が足りると思ったままで未だに手がついていない。使い続けて随分になるが未解決の建水台の他には、困ったことは浮かんでこない。

自分に甘いのは承知だが、これはこれでひとつの完成形かもしれないとひとり自賛している。

前編 一平茶道 仲間や客人への一服

 

突然ベーコンエッグ

 少し前に、デッキで食べる極楽朝食の話を書いたのがきっかけで、突然思いついたことがある。青空と陽光につつまれて、遠くに富士をみながら朝からテーブルトップクッキングはどうだろう。

 「案ずるより産むが易し」早速買い物に出て、上等のベーコンと普段は絶対買わないような高価な卵を買ってきた。

目玉焼きなど久しくやっていないが、その程度ならなんとでもなるだろう。できたてのベーコンエッグにブラックペッパー、焼き立てのベーコンのスモーキーフレーバーはなんとも言えない。

小さな幸せが又ひとつ増えた。

こんな極道は現役で走り回っている時代には夢の又夢。これぞ隠居の特権というものだ。

 

 この思いつきのきっかけは、私が愛用しているミニホットプレートである。

このホットプレートは15センチ四方しかない葉書より少し大きい程度の、ほんとに小さなものだ。なんでも温めたり、焼いたりして食べるのが大好きなわがまま爺さん専用で、常時食卓の片隅にある。

このホットプレートは、鉄板の下のボディが無垢の木というのが、木が大好き人間としてたまらない魅力なのだ。

デザインだけでなく、なんでも焼けるし、時にはstaubの小さな鉄鍋で玄米粥を炊くが、とても美味しい粥が炊ける。ほとんど待つことなくあっという間に温まるプレート、使用後はティッシュ2枚でものの見事に掃除ができるという私にとっては理想に近い道具なのだが、あまりに小さいので、使いにくいという人もいるかもしれない。

 ただ、残念なことにこのモデルは今や手に入らない幻の名器となってしまった。

理由は知らないが、電気製品というより木の工芸品に近いので、そもそも素材が量産むきではないというのが大きな理由ではなかろうか。

今や食卓の宝物、予備を買っておけばよかったとくやまれる。

 

あじさい

花は野にあるままがいい

 庭の片隅に咲く小さな山あじさい。まわりの緑にまぎれて気づかないかもしれない。

6月の鎌倉は「あじさい」だ。「あじさい」めがけて観光客が押し寄せるようにやってくる。「あじさい」は、なにも鎌倉でなくともと思うのだが、鎌倉の「あじさい」がいいらしい。

 東京からの友人に大真面目でたずねてみた「なんで、鎌倉なんだろうか」。答えは、なんとなく「あじさい」というと鎌倉が似合うという、なんとも日本人的な答だが、梅雨の鎌倉に咲く「あじさい」というのが古都鎌倉のイメージにぴったりと符号するようだ。

なるほど、それはそうかもしれない。しっとりと小雨に濡れて咲く「あじさい」はまことに美しい。

 鎌倉には「あじさい」の名所と言われる寺が何箇所かあるのだが、「あじさい」の数より人の数の方が数段多くて戸惑ったことがある。それもずいぶんの昔のことだから、今は更に増えていることはあっても、減っていることはあるまい。「そうまでして」というのが正直なところだ。

 

 茶道では利休七則というのがあって、その中に「花は野にあるように」というのがある。茶席に花を生ける心構えなのだが、これは野にあるように花を生けるという意味を超えて、野に咲く命の美しさと尊さを生けよということと思っている。

私は、よほどの事がない限り庭の花にハサミを入れることはないのだが、今日は格別の客人を迎えるという日には、決心をしてハサミを入れることがる。そんな時は必ず「ありがとう」の一言を添えている。

「花は野にあるままが良い」

 

いいバターナイフができました

24年モデル完成

 

 毎年秋の展覧会でご披露しているバターナイフの今年のモデルがやっと完成した。

既に好評を頂いていて変更もいかがなものかと思うのだが、そこが性分で、気付いたところを改善したくなる。このモデルとしては、完成形に近いと思っているのだが、日々使いながら眺めるうちに気になるディテールを発見するのだ。

 23年モデルの形板と24年モデルの形板を比べても、差がないようにも見えるが、実際は全体の長さが僅かに長くなり、先端の曲線が23年モデルとは微妙に異なる。

 もっともらしい説明をしているが、これはただのこだわりで、実際は一本一本手で仕上げていくので、正確に形板どおりに仕上がるものではない。本音を言えば技術の未熟さのみならず、その日の気分すら影響するものなのだ。


少しでも完成度を上げていきたい、ただそれだけのことだ。

 サンプルを制作したのは樫の木で、固く丈夫な材料なので用途には最適だと思っているが、できれば他の樹種を検討したいというほど固い素材で、ともかく手間が半端ではない。他の樹種も含めて今年の秋の展覧会までに、はたして何本できるのやら、いまのところ未知数だ。

 

天の食卓に思う

 この季節になると晴れた日にはデッキで朝食をすることにしている。

緑に囲まれ、陽光につつまれながらの朝食は小さな理想郷だ。さすがに梅雨の間は一休みだが、天気さえよければソトメシは秋まで続く。デッキは洗濯物の干し場でもあるので、昼は洗濯物の横で食事をすることになるのだが、それでも外が良い。

 

 いつもそう思うのだが、同じものを食べても家の中の食卓と外では全くと言っていいぐらい違うのだ。何故だかわからない。天井も壁もない自然の中に身を置く開放感なのだろうか。

 

 人間という生き物は、そもそも自然の中に暮らすようにできているように思う。長生きになったとはいえせいぜい百年。争いは絶えることなく、世の中も作っては壊し、壊しては作る、すべて同じことの繰り返し、人間の思いつき、人間の身勝手、正に無常そのものような幻の世界に生きているようだ。

 一方で緑たちは、人間のように争うこともなく、欲ばりもなく、来年も咲いてやるからといって桜の木がベースアップを要求するわけでもない。

みんな、そのままの命をそのままに生きている。我々が精進研鑽をかさねてもなかなか到達できない「無」の世界に生きている。

 すべてを忘れて緑に囲まれ、天の食卓につくひととき、至福の時とはこのことだ。私にとっては、どんなに贅を尽くした宮殿よりもはるかに素晴らしい世界がそこにある。

 

小さな木工

枕元の時計を新調した。

 選定基準は、まず年寄りの目でも見やすいこと、本当はアナログ時計が好きなのだが、カレンダーもほしいとなると選択肢はデジタルに絞られる。更に室温と湿度もできれば知りたい。

そして、できる限り美しいデザインのもの、と言っても機能を要求する限りデザインは二次的な基準にならざるを得ない。いくらデザインが素晴らしくても、正確でない時計は役にたたない。

 さて、選んだのが写真の時計だが、概ねすべての希望はかなえられているのだが、一点だけ不安要素がある。それは電池ではなく、コンセントからの電源を必用とするということで、なんらかの理由で停電になると即刻使用不能となり表示すらできない。

 このあたりは利便性とのトレードオフであるが、昔と違って今は家の中に時計は山ほどあるので一つ動かなくても、困ることはなにもないだろう。それより、文字表示の明るさを変えられたり、表示色も好きに設定できて、とても気に入っている。

 


 ただ、我慢ならぬのが置いた時の角度で、若干後ろに傾斜するのだ。

色々な場所に置かれることを想定して角度をデザインしているのだろうが、真っ直ぐのほうが美しいし、見やすい。理屈ではなくただの好き嫌いの問題であろう。

 たどり着いた解決策は、小さな台を作って、ほぼ垂直に置けるようにすればよいということだ。小さな板を3ピースに切ってボンドで接着して、ハイ完成である。小片とはいえローズウッドという貴重な板を使っているので、摺り漆で数回仕上げ、あえてしっとりした表情を意図した。

底にはテーブルを傷つけないように薄いフェルトを貼ってある。一段格が上がったようで至極満足している。